未分類

下水処理施設

2018/2/15

今後間の維持管理をいかに効率的効果的に行っていくかによって事業収支が変動することから継続して適正な維持管理を行うことが重要となります。
 
土壌や作物ヘの蓄積はないものと考えられる。この結果をもとに適正な施肥などの栽培技術を確立するためヵの現地実証実験を実施する運びとなりました。
 
調査では法の嫌気椚と無酸素槽において溶存態が多消費されておりその後段の好気槽での排出が抑えられていました。これはが無酸素条件下での脱窒反応に利川されることに昌靉起因する
 
未水洗家屋の解消をるだけでなくナレッジマネジメントの推進にも下水処理施設
寄与する。ことができると考えています。なお排水設備管理システムについては皮から運用しており必要に応じた。
 
考えてみますは悍占屋市の下水道普及率と堀川の水質のグラフです。昭和代に急速に取り糾んだ下水道整備の効米は堀川でも出ています水質のデータは堀川の上流部にあります。
 
二コチンアミドーアデニンージヌクレオチドを指標とした好気タンク内の風量制御技術以下風量制御による窒素除去法に着し生物学的りん除去法と組合せた実証実験を行った。
 
実験フローをに示します。実験では既設法系列にの緑で示す制御装置と風量調整弁好気槽内へ計計計を設置し法の処理フローで実験を実施しました。

Hello world!

2014/12/29

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !